クリーニングのご依頼を受けたお客様宅にて、お客様がエアコンの電源プラグを外そうとしてプラグが焦げてしまうことがありました。
エアコンとコンセント(壁に付いている差込口)との間隔が狭くハサミを使用して外そうとされたとのことで、火花が出てプラグが使用不可となりました。
プラグが焦げる原因は様々ですが、プラグとコンセントの間に異物が入るとショートしてしまったり、家電そのものが故障する場合があります。
幸いお客様におケガはなくホッとしました。
焦げたプラグは別途修理させて頂き、無事使用できるようになりました。
作業が少しでもやりやすいようにとのお気使いは有り難いのですが、お客様の安全性を最優先するため、作業は全てスタッフにお任せください。
また、すでに焦げてしまっているプラグがある場合もご自分で対処しようとせず必ず業者に交換依頼してくださいね。家電を正しく使用して長く愛用したいものですね。